公社債や償還まで

よく引き合いに出される「銀行の経営の行く末はその銀行に信頼があって発展するか、そうでなければ融資する価値がないものだと見込まれて失敗するかのどちらかである」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)
このため我が国の金融市場等での競争力を高めることを目指して緩和された規制のほか、金融規制のますますの質的な向上の実現のための活動等を積極的に実践する等、市場だけではなく規制環境の整備が着実に進められているのである。
ポイント。株式とは?⇒債権ではなく出資証券(有価証券)なので、株式を発行した企業は株式を手に入れた株主について返済しなければならないという義務は発生しないことがポイント。かつ、株式は売却によってのみ換金できる。
外貨商品。外貨預金はどんな仕組み?銀行が取り扱う外貨建ての商品の名称。円以外の外国通貨によって預金する商品。為替の変動によって発生した利益を得る可能性もあるが、同じ原因で損をするリスクもある(為替リスク)。
【解説】金融機関の格付け(能力評価)とは→格付会社が金融機関、さらには社債などを発行している会社に係る、支払能力などの信用力を一定の基準に基づいて主観的に評価しているということ。
ということは「重大な違反」、またはそうではないのかは、金融庁が判断をすることなのです。一般的な場合、ちんけな違反がけっこうあり、その関係で、「重大な違反」判断を下すもの。
ゆうちょ銀行(株式会社ゆうちょ銀行)が取り扱っているサービス等は郵便貯金法(昭和22年-平成19年)に定められている「郵便貯金」ではない。他の銀行等と同じく銀行法に定められた「預貯金」に基づく扱いの商品なのです。
【解説】デリバティブとは?⇒伝統的に扱われていた金融取引または実物商品や債権取引の相場の変動が原因のリスクから逃れるために考え出された金融商品の大まかな呼び名であり、とくに金融派生商品ともいうのだ。
必ず知っておくべきこととして、株式について。債権ではなく出資証券(つまり有価証券)であり、企業は出資されても法律上は自社の株式を持つ株主に対しては返済に関する義務は負わないとされています。もうひとつ、株式は売却によってのみ換金できる。
巷で言われるとおり、第二種(一種業者とは業として行う内容が異なる)金融商品取引業者が投資信託などファンドを発売し、適正運営するには、目がくらむような数の、業者が「やるべきこと」、逆に「やってはいけないこと」が事細かに法律等により定められているということ。
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)(エフエックス):公社債国債社債など)や短期金融資産で主に運用される投資信託です。気を付けよう、取得からまもなく(30日未満)に解約希望の場合、手数料になんとペナルティ分も必要となるというルール。
よく聞くコトバ、スウィーブサービスって何?開設している銀行預金口座と(同一金融機関・グループの)証券の取引口座の口座間で、株式の購入資金や売却代金などが自動的に振替えてくれる新しいサービスである。同一金融グループによる優良顧客囲い込み作戦です。
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)(エフエックス):公社債や償還まで1年以内のいわゆる短期金融資産で主に運用される投資信託というものです。注意:取得から一定期間(30日未満)に解約したい場合、その手数料に罰金が上乗せされるというものです。
平成10年12月に、総理府(現内閣府)の内部部局ではなく外局として国務大臣を組織のトップである委員長と決めた新しい組織である金融再生委員会が設置され、金融監督庁(金融庁)は2001年の中央省庁再編までの間、金融再生委員会の管轄下に2年以上も据えられたということ。
有利なのか?タンス預金。物価上昇の(インフレ)局面では、上昇した分現金は価値が目減りするので、当面の暮らしに必要とは言えない資金⇒安全でわずかでも金利も付く商品にした方がよい。
トップMBA式あがり症・吃音改善プログラム

広告を非表示にする